〔着物レンタル〕〔成人式レンタル〕〔振袖レンタル〕〔貸衣装〕振袖レンタル278s赤古典柄 〔成...

 

成人式(正式には成人の日)が1月15日ではなく、1月の第2月曜日になっていることを知っていますか。

2000年に国民の祝日に関する法律が改正され、現在の制度になりました。

成人の日は「大人になったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます日」と定められています。

成人になったことを祝う成人式は古くから行われてきたようですが、今のように二十歳になってから行うようなシステムではなく、各地で言い伝えられたことができるようになった人が成人式をすることになっていたようです。人によって成人式をする年齢が違っていたということです。

大人になった証として成人式を行っていた時代と違って、現在は「大人になったことを自覚してほしい」という願いを込めて行っているように見えます。

成人式に参加した本人も、これからは大人として恥ずかしくないように行動しようと思っているようです。

しかし、近年TVなどで放送される各地の成人式の模様は、とても大人の行動とは思えない子供じみたものが大変多いように思います。

見ているこちらが不愉快になるほどの身勝手な行動は毎年繰り返され、成人式の主催者が困惑している様子が見て取れます。

最近では成人式を行う意義があるのかという意見も出るほどです。



このサイトを購読する